MooCowフラバール

MooCowフラバール

もうルールで迷わない!
フラバールバレーがさらに楽しくなる方法

6人以上いると安心。フラバールのおすすめチーム人数と、試合に必要な人数を解説!

皆さんはフラバールの試合に必要な人数を知ってしますか?
普段のチームの練習なら気にしないかもしれませんが、大会に出場する際には、ルールとして守らなければいけません。
今回は、そんなフラバールの試合に必要な人数についてご紹介します。

試合に必要な人数は?

コート内に5人いる画像

フラバールの試合に必要な人数は、1チーム5人です。
コート内にサイコロの「5」の目のような配置で並びます。

4人以下の場合には、試合をすることができません。

練習の時は何人でも良い

しかし、チームの練習では、5対5で10人が集まるということは滅多にありません。
そんな時には、4対4や3対3など、1チームの人数を減らして対応します。

6人以上の場合は?

フラバールは、1チームの最低人数が5人ですので、6人以上でも問題ありません。

フラバールには、バレーボールと同じようにローテーションがあります。
ローテーションとは、自分のチームが得点した時などにポジションを一つずらすことを言います。

メンバーが5人の場合、ローテーションはコート内の選手のみで行います。
しかし、6人以上の場合、コート内の5人とコート外の選手を合わせた全員でローテションを行います。

そのため、フラバールに選手交代の仕組みはありません。

ローテーションについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
→フラバールのローテーションは変!?コート内だけじゃなかった!

チームに女性がいないとダメ!?

大会によっては、チーム内に女性が何人必要か、ルールで決められている場合があります。
ルールとしては「チームに女性が◯人以上いないといけない」「どのローテーションでも、コート内に女性が◯人以上いないといけない」といったものがあります。

目的は、各チームの戦力差を埋めるためです。
女性だけのチームと、男性だけのチームでは、どうしてもパワーやスピードに差が出てしまいます。
しかし、チーム内に必ず女性が入ることで、戦力差を少なくすることができます。

大会当日に人数が足りない!

チームの人数が5人ギリギリの場合、大会当日に急な体調不良などで欠員が出る可能性があります。その場合、大会はどうなるのでしょうか?

フラバールは、1チーム最低5人と決まっているので、それ以下の人数で大会に出ることはできません。

大会によってルールが違うかもしれませんが、チームの人数が5人に満たない場合、不戦敗という扱いになります。
場合によっては、試合結果は不戦敗ですが、交流戦として5対4などで試合を行うこともあります。

さらに、2つ以上のチームを掛け持ちして同じ大会に出ることはできません。
なので、急遽他のチームから助っ人を頼むこともできません。
ただし、他のチームで出場していなければ、当日助っ人として友達に参加してもらうことは可能です。

上記のように1チームの人数が5人ギリギリの場合、急な欠員に対応しづらくなります。
なので、1チーム6人以上をおすすめします。
そうすれば、もし欠員が出た場合も大会に出場することができるからです。

まとめ

今回は、フラバールの試合に必要な人数についてご紹介しました。

  • 試合に必要な人数は5人
  • 4人以下では、大会に出れない
  • 6人以上でも、大会に出れる
  • 女性の人数が決まっている大会もある
  • 急な欠員も考えると、1チーム6人がおすすめ

以上が今回のポイントです。
チームを作るために人数集めをするのは大変です。
しかし、フラバールは気軽にできるスポーツです。
ぜひ、たくさんの人を誘ってフラバールを広めていきましょう!

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。