MooCowフラバール

MooCowフラバール

もうルールで迷わない!
フラバールバレーがさらに楽しくなる方法

フラバールでサーブのコツを掴んでサービスエースを狙う方法!

  • カテゴリ:

皆さんはどうやってサーブを打っていますか?
「アンダーサーブで打つんだよ」と教えられることが多いのでないでしょうか?
本記事では、そんなサーブの打ち方のコツをご紹介します。

普通のサーブの打ち方

サーブの画像
サーブの打ち方はルールによってアンダーサーブのみと決まっています。
サーブを打つ時の基本的な構えをご紹介します。

右利きの場合

  • 右足を一歩引き、上半身のみ正面に向けます。
  • 左の手の平にボールを乗せて体の前にを構えます。この時、少し右側に構えると打ちやすいです。
  • 体の真横で右手を振って、下からボールを打ちます。この時、左手を打たないように注意しましょう。

左利きの場合、左右が反対になります。
上記が基本的な打ち方でここから様々な工夫をすることで違ったサーブを打つことができます。

サーブの打ち方に変化をつけよう

サーブに変化をつけるために工夫する点はいくつかあります。

打つ強さ(力加減)

強く打てば飛距離が伸びますがコントロールが難しくなります。
逆に弱く打つとコントロールはしやすいですが届かないかもしれません。

こういった打つ強さを変えることでボールの飛距離を変えて前後の変化を加えることができます。
さらにボールの速度も変わるので緩急をつけることもできます。

打つ方向

サーブは体の真横で腕を振ればいいので少しくらいなら、体の向きを変えても構いません。
そのため体の向きを変えて、狙いをつけることで左右の変化を加えることができます。

左右の変化をつける方法は他にもあります。
それは、ボールの打つ位置です。

通常ボールの真ん中を打つと思いますが、ボールの右側を打てば左方向に、左側を打てば右方向に飛んでいきます。
これによって体の向きに関係なく左右の変化をつけることも可能です。

打つ手の形

通常は手の平で叩くようなイメージで打つと思いますが、その手の形(手の当たる場所)を変えることでサーブに変化をつけられます。
手の平の手首に近い硬い部分で打つとより力強いサーブを打つことができます。
硬い部分で打っているので少ない力で飛距離を伸ばすことができます。
指先で打つことで勢いを弱めて柔らかいサーブを打つことができます。
ネット近くを狙ったサーブの時に使うとこが多いです。さらに指先で打つと回転もかけやすくなります。

ボールの打つ場所

ボールのどこを打つかによって変化をつけることができます。
変化としては、左右の方向の変化や回転をかけることができます。
例えば、ボールの手前を指先で引っ掛けるように打つことでドライブ回転をかけることができます。

サーブをする場所

サービスエリアは、サービスラインからエンドラインまでと縦に長くなっています。そのためサービスエリア内のどこで打つかによっても変化つけられます。
勢いの強いサーブはそれだけ飛距離も伸びるので前に出すぎているとアウトになってしまします。しかし、サーブする場所を後ろに下げることで強く打ってもコートに入るように調整することができます。
どの位置でどのくらいの力加減ならどこに飛ぶのかを研究してみましょう。

特殊なサーブ

様々な工夫をすることでサーブにも変化をつけることができます。そんな特殊なサーブをご紹介します。

ネット際サーブ

ネット際ギリギリを狙ったサーブです。
相手選手の手前に落とすことが目的で中央の選手の前、前衛の選手の間を狙って打ちます。ネットの上ギリギリを通過するような軌道だとより相手はとりづらいです。
打ち方としては、手の平、もしくは指先を使って優しく打ちます。
この時、腕を振る速度があまりに遅いと短いサーブを打つと読まれてしまう可能性があります。なので、出来るだけ腕を振る速度やフォームなどは、打つ直前まで変えずに打つことができると、相手も予想がしづらくなります。

天井サーブ

とにかくボールを高く上げるサーブです。
ボールを高く上げることで、ボールとの距離感がつかみづらくなったり、証明とボールが被りとりづらくなります。さらにフラバールの場合は、空気抵抗による変化がしやすいので、更にとりづらくなることもあります。
注意点としては、天井が低かったり、何か障害物があった場合、それらに当たってしまうと相手の得点になってしまうことです。練習場所と大会の場所が違う場合は特に注意しましょう。
打ち方としては、手の平、もしくは手の平の硬い部分で強く打ちます。
天井サーブは高く打ち上げる分レシーブする側も準備ができるので、ファームなどはあまり気にせず自由で構いません。

ドライブ回転サーブ

ドライブ回転(縦回転)をかけて打つサーブです。
ドライブ回転を強くかけることで「落ちる」サーブを打つことができます。この軌道を利用してネット際を狙ったり、アウトに見せかけてエンドラインギリギリを狙ったりすることができます。
打ち方としては、ボールの手前を指先で引っ掛けるようにして打ちます。
よりボールの端を打つことで回転数が増えます。その一方で飛距離を出しにくくなってしまうので注意しましょう。失敗してネットを越えない(ネットに当たる)ということがよくあります。

横回転サーブ

横回転をかけて打つサーブです。
横回転を強くかけることで相手がレシーブした時に思わぬ方向へ飛んでいくようなサーブを打つことができます。しかし横回転は、かけるのが難しく、狙い通りに打つのも難しいです。
打ち方としては、ボールの横端をこするように打つか、ボールの下から手の平を横移動させながら打ちます。
横回転は、なかなか回転の強いサーブは打てないので練習して慣れるしかありません。

無回転サーブ

回転をかけずに無回転で打つサーブです。
無回転で打つことで空気抵抗を受け変化しやすくなります。いわゆるブレ球です。
しかし、フラバールの場合サーブをする選手からレシーブする選手までの距離が近いので、大きくする前に相手に届いてしまう場合が多いです。なので、出来るだけエンドラインに近いところでサーブを打つと良いでしょう。
打ち方としては、手の平をまっすぐ当てて打つもしくは、指先全部でつまむようにしてボールを打つことで無回転のサーブを打てます。

特殊なサーブ【応用】

特殊なサーブをご紹介しましたが、これらを組み合わせることで更に特殊なサーブを打つことができます。
例えば、ネット際サーブと天井サーブを組み合わせて、ネット際に高いボールを打つことでネットに当たるか当たらないのかという迷いが生まれて、レシーブへの反応を遅くさせることができます。
他にも、横回転サーブと天井サーブを組み合わせて、アウトに思えたボールがコート内に戻ってくるサーブを打てます。
このように様々な種類のサーブがあるので、自由に組み合わせてオリジナルの技を考えてみるもの楽しいですね。

まとめ

今回は、サーブの基本の打ち方から変わったサーブの打ち方まで紹介しました。

  • 基本のサーブは、サーブラインからアンダーサーブで打つ
  • サーブに変化をつけるには「打つ強さ(力加減)」「打つ方向」「打つ手の形」「ボールの打つ場所」「サーブをする場所」を変えて打つ
  • 特殊なサーブとして「ネット際サーブ」「天井サーブ」「ドライブ回転サーブ」「横回転サーブ」「無回転サーブ」がある

使えるサーブの種類が増えることで様々な変化をつけられて、相手を惑わすことができます。
サーブを極めて試合の流れをつかみましょう!

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。